移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

垂れ流し記事一覧

高校生の頃、日本中の青年たちの例に漏れずTHE BLUE HEARTSに心酔していた。 しかしブルーハーツは既に解散しており、ヒロトとマーシーはハイロウズというバンドを結成して活動を続けていた。 アニメの主題歌にもなったこの曲を聴いたとき、 「ダセえ!!全く牙をむいてな
『胸がドキドキ』の画像

今日まで3日間、ハウスメーカーさんの新入社員研修にスタッフとして参加。東北の震災後、毎年新入社員研修の中で被災地を訪れ、仮設住宅のニーズに沿ったワークを行うことで、復興支援と社員教育を両立させている素敵なプログラム。2012年に参加させてもらってからかなり久し
『新入社員研修のお仕事その①』の画像

自分の誕生日に合わせ、自転車を買ってもらうことに。これまで息子は自転車を持っていたけれど、これで一緒に遠出できる。週末に雨や仕事が続き、ようやく淡河を一緒に回る天候に恵まれる。この日の淡河は最高の天気と満開の桜。半分折り返しで本陣跡で休憩。近くのおなじみ
『自転車で駆ける』の画像

最近全然感情を文字に起こしていないので、とりあえず何か書いてみようと思えば何か出てくるかなと思い、パソコンのメモ帳を開いてみた。中々かみ合わないことが多い最近。そもそも、好奇心を持って物事を見る瞬間が減ったのかもしれない。仕事を辞めて1年半ほど。辞めた当初
『4月上旬のひとりごと』の画像

味噌を作って以来すっかり息切れの2017年の大学ですが、今年も田植えしますよー!ため池の水を使う順番など、集落では色々と共通財産の決まり事があるということで、大学ではいつもこのやや早めの時期に行います。 「あーこれが毎日食べてる米になるんやなー。」と思いなが
『【名前はまだない大学】米作り体験演習受講生募集!』の画像

前職でお世話になった長尾文雄先生から、何の前触れもなく本をいただく。こうして気にしてくださり贈り物をしていただけることが本当にありがたい。『ちゃぶ台』というこの本は、一体何をテーマにしているのか分からないまさにちゃぶ台に並んだおかずのような雑多な本だけど
『ちゃぶ台』の画像

この週末はかなり久しぶりにまとまった時間が取れたのと、心身共にかなり疲弊気味だったので家のことを無心で行った。まずは屋根。先日瓦のかけらが落ちてきたので、それを修復。瓦の破片が落ちてきたり鳥が高速で窓にぶつかり地面でピクピクしているなど、農村の軒下周りは
『家の修繕』の画像

「大学生の内はぜひたくさん遊んでほしい。」「みんな真面目やわ。学生時代にこんな大人の話聞くなんて場所来なかったよ。」 KOBEキャリアリレーのゲストのみなさん、口を揃えて言っていたこと。たぶん結構多くの大人がそう言うのではないだろうか。自分自身の大学生活も、
『学生時代に出会う大人』の画像

先月から神戸でのインターンシップを推進するKOBEインターンセンターで、大学生のキャリアを考える場として、『KOBEキャリアリレー』を始めた。神戸で生きる大人に生い立ちや仕事の話、仕事のプチ体験ができるワークショップをしていただきつつ、共通の質問としてなぜ神戸で
『KOBEキャリアリレー(第1走者~第4走者)』の画像

今日はお隣三木市のマラソン大会に参加。  歩くことを覚えた1歳4か月の娘はトラックを1歩1歩踏みしめ、歩くことを諦めない見知らぬじいちゃんは10キロを1時間半以上かけて必死に駆け抜けていた。すごい。 家の庭も芽吹きまくりのすっかり春モード。 生きるという力強さを
『歩く』の画像

↑このページのトップヘ