つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

更新情報

春の風がとても好き。それはやっぱり生まれ月でもあるからか。 外仕事をしていると、春の色んな風を感じる。生暖かい風。少しきりっとした風。1日の中で何度も何度もその様子は変わってゆく。すごく暑いわけでも、すごく冷たいわけでもない、どちらにも振り切れない風。そん
『春の風は思い出を呼び起こす』の画像

今日は神戸市文化財巡視員の連絡会議。自分は北区の担当。今日は年に1回の連絡会議ということで、名前はずっと知っていたが行ったことのなかった御影公会堂で全区の担当の人が集う。(鶴!)この連絡会議は毎年神戸市内の普段入れない文化財やエリアを見られるので役得感あり
『文化財巡視員連絡会議』の画像

心ないやさしさは敗北に似てるふと入った店で流れていた、ハイロウズの『青春』という曲の一節。昔から大好きな言葉。久しぶりに聴いた。なんとなくその場を取り繕うようなやさしさや同調は嫌いだ。それができないがために色々とややこしいことになるときもあるが、特段決定
『心ないやさしさは敗北に似てる』の画像

家を無事購入することができたので、少しずつ手入れや変化をさせながら使っていきたい。ということで、早速主屋の床をフローリングに。知り合いの設計士にアドバイスをもらいながら木の色味を考える。結果オーソドックスなものに。 元の状態。フローリングにする前に奥の襖
『フローリング化成功』の画像

今日は大学時代の友人が家に。数年ぶりの人も。ゆっくりと色々な話をした(野外で距離を保ちながら)。 大学時代は、地域の子どもに対してキャンプなどの野外活動の場を作ることに本気で、毎日毎日西宮北口の事務所で顔を合わせ、深夜まで準備をして、「その企画子どもたち
『漬物みたいないい発酵』の画像

もうめっきりブログを書かなくなってしまった。が、2021年4月を迎え、ペースは分からないけれど、書くという意志を持ってまた少しずつ再開したい。書くことは、自分にとって大切なこと。今日から4月。新年度。独立した時からずっとお世話になっている茅葺きチームくさかんむ
『桜満開の入社式』の画像

農家さんと、土に触れたい人をどう繋ぐかということを考えています。  「農業ボランティア」や「援農」という言葉ではすっきり表現できない関係性なのではないかと1年弱試しながら感じています。無料の収穫体験でもないし、無償の労働力でもない。農家さんと、土に触れたい
『農業ボランティア(援農)を考える』の画像

何ともな天気です。外でやろうと思ったことができず、ふと思い立ちポチポチと。先日、箒を買いました。昨年末から最近にかけて、発信したいことはたくさんありつつ、でもなんだかそういう気分にならず、あんまり投稿自体も見ないような時もありました。僕はSNSがとても好きで
『箒を買いました』の画像

今年も干し芋の販売を開始しました! 干し芋は昔からの保存食で、長時間蒸した後一週間天日でじっくり乾燥させる、砂糖も何も一切使っていない自然食品です。子どものおやつにもおすすめですし、手軽に持ち運べ腹持ちがよいということで運動をする人にも近年好まれています
『干し芋、販売を開始しています。』の画像

芋掘りやら稲刈り(今年は水と草の管理をやらかした)やらで一人あたふたし焦り、小物感満載な自分が嫌になる10月。今日は雨で作業ストップのタイミングで、Twitterで発見し即ポチした神戸市北区のジグソーパズルがちょうど届いた。特定の商品をSNSで「おススメです!」とか
『神戸市北区ジグソーパズル』の画像

↑このページのトップヘ