■前回の様子はこちら
「たくあんを漬けてみる(収穫→干す編)」

意気揚々と干したはいいものの、あまり時間が取れないまま次の準備をすることが億劫になり、気付けば2週間弱が経とうとしていた。 

「今日しかやるときがない!」
と焦って漬ける編を行うことに。

20151221_143557
ネットの画像検索でチェックし連想していた干し大根より、大分不健康そうな状態。

そう、すなわち、
「干しすぎ。」

20151221_143354
クラウドサーフしすぎて灰のように燃え尽きてしまったオーディエンスたち。

とりあえずすべて取り外し、己の怠惰を恨みながら準備。

たくあん漬けに使う材料はこんなところのようです。
20151221_151837

・米糠1㎏(来年は自分で用意したい)
・粗塩(結構多くのサイトに、大根の総量の6%程度と書かれている)
・ザラメ糖半~1カップ程度(てんさい糖しかなかった)
・果物を干したもの(急遽直売所で買った。これも自分で用意しなければ)
・唐辛子10本程度
・昆布 40~50センチ程度 

用意周到に集められたような写真に見えるが、実際は家にあるだろうと踏んでいた昆布が無く、近くの奥さんの実家にもらいに行った。車で5分の奥さんの実家にあったからよかったものの、なかったら色々終わった。
農村は住むには素晴らしいところであるが、準備をするということについては全神経を集中させ、「あるだろう。」というポジティブな思考は控えるようにしなければいけない。再度往復1時間かけてスーパーに買いに行くというのは人間の意欲上不可能に近い。

20151221_153749
米糠と塩、砂糖を混ぜつつ、昆布や唐辛子などは細かく切って入れていく。米糠はサラサラで気持ちがよい。

20151221_153654
こんな感じでたぶん準備OK。

20151221_154547
漬け物袋というものがあるらしいが、神戸市のとある袋で代用。
大根を敷き詰めて米糠で覆う→その上から大根を敷き詰めて・・・を繰り返す。

20151221_155407
最後は中蓋をしてその上に大根の2~3倍の重さの重しを置いて封!


1ヶ月待たれ!!