昨日今日と我が家に旅人がやってきました。

2年前に通った「地方で仕事を創る塾」で同期だった小関さんが、栃木から西日本方面に旅をするということで、神戸にも寄ってくれました。
IMG_0953
 天ぷら油の廃油で走る車でやってきました。(写真は小関さんのHPから)

小関さんは自分とは真逆のバリバリの理系で、この度仕事を辞めて「オフグリット設備設計事務所」を立ち上げて活動していくそうです。
※オフグリットとは、既存の電気・ガス・水道などの配管網(グリッド)から離れる(オフする)という意味です。


こんな本もあります。 

「地方で仕事を創る塾」は、栃木の非電化工房という場所で行われ、生活がおもしろくなる様々な素敵グッズがありました。
研修中はその設計図のようなものも惜しげもなくもらえましたが、Mr.文系の自分では自力で作る気力も全く湧かず、これはチャンスとばかりに小関さんに作ってもらうことにしました。

お願いしたのが、「ソーラーフードドライヤー」というものです。
電気を使わずに、太陽光を最大限に活用して短期間でドライフードが作れてしまう優れものの一品です。
畑を始めてから食べきれない野菜が多く出てしまうので、ドライフードにして保存したいなぁと思っていました。

材料もすべて調達してきてくれ、小関さん制作、私はその横でパソコンで別の仕事をしながら随時眺めるという謎の構図で作業スタート。

20160318_112408
 (全国にいる地創塾メンバーやお弟子さんたちとの情報交換も。隠さず共有というのはよい文化です。)

20160318_115011
 (作業が始まりました。まずは各パーツ作り。)

20160318_151258
 (各パーツを繋ぎ合わせていきます。)

20160318_172716
(太陽の熱を取り込むところには、発泡スチロールの上にトタンを重ねていきます。想像以上に時間がかかり、この日の作業は各部分を仕上げるところで終了。)

20160319_080442
(2日目。各パーツを繋ぎ合わせていきます。形が見えてきた!)

20160319_081612
(トタンを張った台を取り付けます。このきっちりはまっていく感がすごい。)

20160319_085300
(息子も手伝います。息子に何を作っているのか説明するのが困難。)

20160319_090917
(食材を出し入れするところを取り付けます。)

20160319_092843
(おお!全貌が!)

20160319_102902
(上にアクリル板を取り付け、中に食材を置く網を設置して完成!!)

P3193367
ありがとうございました。後はニスで仕上げて実験だー!

早く太陽の光が溢れる日を待ちわびます。


■補足
なぜドライフード?