先日日本シリーズが終わり、野球の季節が終わりました。季節の移ろいは農村の自然よりむしろプロ野球の終わりの瞬間に色濃く感じるものです。

今年は本当におもしろいシリーズでした。広島はちょいと色々なものをドラマチックにしすぎてしまった感があり、それを最後大谷というドラマを投入せずに「俺らだけで勝てるぜ!」と勝利した日本ハムナインと栗山監督のリアリストな勇姿がかっこよかったです。といいつつ、阿部と村田でうまく凌いでしまった我が巨人、来年はさらに広島との差は開くでしょう・・・つら・・・。


最後に出番がなかったとはいえ、今年は(も)大谷選手が大活躍でした。
投手と打者、普通であればどちらかに絞る2つの分野を同時にやってしまう『二刀流』。もう今でこそ二刀流を正面から否定する人も大分減りましたが、少し前までは、
「せっかく才能あるんだからどちらかに絞るべきだ!」
と言われてきました。

でもなんとなく大谷選手を見ていると、二刀流だから成功しているんじゃないかなと思ったりします。
むしろどちらかに絞ったら、成績は落ちるような雰囲気を(勝手に)感じています。

退路を断つという覚悟の決め方ももちろん大事ながら、切り替えができるとか、うまく逃げ道を作っておくというのは、成功する上でこちらも大事な要素の1つなのかなと思います。
同じチームに中田選手という4番打者がいますが、打数は大谷選手が大分少ないのに、ホームランの数はほぼ一緒です。打率に至っては大分差があり、大谷選手に軍配です。
「なんで二刀流のやつに負けてるんだ!情けない!」
とよくシーズン中書かれていましたが(特にホームラン数が並んでしまった時)、中田選手はじめほとんどの選手は、打撃成績でしか判断されません。特に中田選手は4番なので守備や走塁は評価基準に入ることはほぼなく、打撃成績でその価値を判断されます。これは中々きつい世界だと思うのです。
大谷選手の場合、仮に全く打てない時期があっても、投手の方でうまくできていればそこまで落ち込むことなく、また打撃の復調を待つことができます。
また仮に練習量が投手半分、打者半分になってしまったとしても、実践での学びは大きいものだと思います。
打者大谷として投手と対峙する場合、投手は本気で勝負してくるので、その攻め方を今度は投手の時に活かすことができます。逆もまたしかりです。
9番ピッチャーでは、相手投手の本気は見れないでしょう。そういう打者目線、投手目線で本気を見れていて、それを相互に繋げるのは、二刀流という正に『複業』の強みなのかなと思います。

よく高校生で4番ピッチャーで活躍していた選手がプロ入り後どちらかに絞って失敗するケースが結構ありますが、こういう場合も投手と打者で精神的にうまく折り合い付けていたからどちらも結果が出ていたのかななんて思うこともあり、大谷選手ほどの結果は残せなくとも、もっと二刀流(投手と代走とか、打者とワインポイントの中継ぎとかでもおもしろいと思う)が普通になると、そこで活躍する選手が出てくるのではないかと思ったりします。

・・・はい、というわけで、今年も毎年恒例のプロ野球ナイトを我が家で開催します。
野球大好きな人たち、ぜひ集まってください!
hanshin
 ※写真はいつの間にか存在感を消したヘイグ選手です。大谷選手ではありません。

『プロ野球ナイト~2016総集編、鳥谷から165kmまで~』
 ■日程
12月3日(土)
プレイ時間 18:00~22:00頃まで
延長戦突入 22:00~5:00?
※中継ぎ総動員お泊りもご自由にどうぞ。
 
■場所
鶴巻家(神戸市北区淡河町)
※お車ない方は、三田駅又は谷上駅まで送迎します。
※住所の詳細はご参加される方に改めてご連絡します。
 
■参加費
1,000円(夕食代含)
※飲み物はお茶無料。コーヒー、ラムネ、オレンジジュースなどは有料で冷えてます。
※お酒飲みたい方は各自でご自由にお持ち下さい。
 
■トークテーマ(例)
・今年の我がチームを振り返って
・覚醒したあいつら
・期待はずれのあいつら
・来年の展望
・プロ野球クイズ
・仮想ドラフト  などなど
 
■持ち物
・ユニフォーム(限りなく必須)
・プロ野球を愛する気持ち
 
■参加ご希望の方
いずれかで表明してください。
1、すぐ終わる方法
 イベントページに「参加」か、こちらにコメント残してください。
2、ちょっと恥ずかしい方
 フォームからご応募ください。
 
よろしくお願いします!
 1452588_722152004541298_4919570049484416295_n