今日は“Fighting spirit for my Local(自分の故郷でなんかやってみようの会)”にも参加してくれている兵庫県香美町出身の大学生、山本しゅうちゃんの企画で兵庫最北端の香住へ。

都市部に出て行かなくても、音楽や文化は楽しめるはずというコンセプトで、地元で音楽イベントを実施。しゅうちゃんは20代前半とは思えない視野の広さ(喋っていて色々びっくりする)で、香美町で様々な取り組みをしている。

P_20190202_141228_1
P_20190202_141340_1
P_20190202_142030_1
手作りのフライヤー、会場。公共施設をライブ会場に似せていくのはとても難しいが(過去に経験あり)、本当に見事なしつらえであった。

P_20190202_153505_1
2時間ほどしか居れなかったけれど、高校生から大人まで、とても一体感のある場になっていた。
大人たちが、自分が披露する場でもありつつ、高校生や子どもたちが憧れる『香住の武道館』になりうる場所にしようというコンセプトを誰もが理解しているので、すべてがそこに集約されていくような、温かい空間。

しゅうちゃんはきっと「何事も自分たちでできる!」という感覚を大学時代に掴んだのだと思う。それを後輩たちに波及させていくことは、町への大きな恩返しになるだろう。

社会人になった後の彼の歩みが楽しみだ。
P_20190202_160022_1