今日は一族米(自分たちで食べる米)の稲刈り。
秋の生活様式のはずだが焦げるのではないかという暑さ。
 
今年は比較的順調にコンバイン様が稼働されていたのでうまくいっていたが、最後の方で不具合が起きJAの方に田んぼに来てもらう。

妻のお父さんと、
「暑いなーたまらんわー。昔は稲刈り言うたら休憩時間に梨とか食べとったが今年はスイカ食うとるやないか!ガハハ!」
と笑いあっていた。

街から移り住んだ身からすると、こういう季節感を農作業や旬や景色で捉えてさらっと言えるのが粋だなぁといつも羨ましくなるものです。

ただ1つ言えるのは、30年後に自分も粋になり、
「暑いなーたまらんわー。昔は稲刈り言うたら休憩時間にスイカとか食べとったが今年はイチゴ食うとるやないか!ガハハ!」
くらいまで季節がずれてきたらいよいよ地球はやばいかもしれない。

今年も無事一年分のお米にありつけそうです。
ありがたや。

台風、毎年毎年強力になっているような。
心配です。
DSC_0343