春の風がとても好き。
それはやっぱり生まれ月でもあるからか。
 
外仕事をしていると、春の色んな風を感じる。

生暖かい風。
少しきりっとした風。
1日の中で何度も何度もその様子は変わってゆく。

すごく暑いわけでも、すごく冷たいわけでもない、どちらにも振り切れない風。
そんな風はこの季節だけの独特な風。
 
よく匂いなどと一緒に思い出に残るという話もあるが、個人的には風にもそれを感じる。
 
春の風を浴びると、入学式やクラス替え、新しい仕事など、期待と不安が入り混じっていたその瞬間の場所にタイムスリップできる。
自分なりに、その場所に適応しようと必死に生きてきたんだなと思うと、自分が愛しくなったりする。
それはみんな同じ。
小学校の頃の自分の思い出は、もはや自分というか自分の子どものような。
緊張すると思うけどがんばれ。がんばったな。みたいな。


積み重ねてきた時間や思い出は、自分の今の支えになる。
さて今日もいい天気。がんばっていきましょ。
DSC_1231