移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

2014年06月

あさってはコロンビア戦の5時間後に自分も負けられない戦い(健康診断)がある。2年前にメタボ予備軍と診断され、去年は診断前1ヶ月でランニング等で一気に5キロ落とし、正常判定。付け焼き刃が得意技の人生です。やはり、退場して10人になったギリシャの様に、危機感

私の勤務先は職員が少ない割に血液型はコンプリートされている。 人々は私のことをB型だO型だと罵ってくるが、どこからどう見てもA型である。神経質であり、小心者であり、極度の人見知りである。一見適当そうに見えるのは、組織のストレスの捌け口を一身に背負うためにそう

今日は新しい学習支援場所の開設のため、兵庫県は新温泉町へ。片道4時間弱。兵庫県は広いですね。 午後からの打合せも終わり、地元にお金を落とすためにも日本海の海の幸を堪能しようとしていた。 みなさん知っていましたか?漁港を拠点とする食事処は大抵15時に閉まるって

先ほど、突然の宣告をされる。 「もうあなたに何を言っても保険に入る気がないのがよく分かったから、 私がお金を出して保険に入るわ。」 うーん、突然の振りの割にかなり嫌味なジャブだ。我が息子の大学進学に備え、学資保険に入るらしい。 「私は保険に入っているから

↑このページのトップヘ