移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

2014年07月

今日1日で色んな人から譲り受け、スイカ長者になりました。 
『スイカ長者』の画像

ニュースで関東の停電の話。 4時間くらいの停電でここまで生活に支障が出る状態って、どれだけ脆弱なんだろうと思う。「あちゃー停電か。じゃあBBQでもするか。」って感じで、せめて火くらいは電気やガスが止まっても屁でもない準備はしておきたいところ。 また停電でクー

我が家にある1冊の絵本がある。ある朝、いたずらっ子の少年のお◯んちんがひたすら伸びているというトンデモ物語である。この本は自分が幼少の頃もっとも記憶に残っていた本で、社会人になって絵本に詳しい先輩に取り寄せてもらった逸品。我が息子にも時々読み聞かせしており
『親子の絆を繋ぐ温かいお話』の画像

生活保護世帯の子どもたちに向けた学習支援の新規開設が決まった。兵庫県では8カ所目で、久々の郡部での開設。都市部での実施は1つの場所に迎え入れる子どもの数も多いが、郡部は新規に学習場所を開設し同じように会場費や人件費を投資しても、受講できる生徒が極端に少ない

「絶対飲み込むなよ。」「口の中に入れたまま走り回るなよ。」など散々レクチャーを受けた後、神妙な面持ちで初めて棒が付いていない飴玉を賞味する幼児。今日も平和です。 
『正しく飴玉をなめる方法』の画像

細々とやってるだけだけど、毎日これくらい収穫があると色々なんとでもなるなと思えてくる。寝てるか仕事してるか畑いるかの毎日。
『例えお金がそれほどなくとも』の画像

平和とか平等というのは難しい。 今まさに引き抜いた小さな大根は、1つの優秀な苗を大きくするために成長過程にあるその生命を終えた。雑草などという人間の都合によってカテゴライズされた草に限っては、全滅させられる。 人間様だけが、何の争いもなく、みなが生命の危

↑このページのトップヘ