移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

2015年04月

明日誕生日を迎えます。プロ野球界ではそろそろストレート主体から脱却しツーシームやコントロールを磨かなければならない年頃です。そんなNPO職員が今とってもほしいもの7つを挙げてみました。※あたかもすべての30代NPO職員に共通するような普遍的なタイトルですが、虚像で

東京の埋め立て地で子どもを育てた父親と、東京の埋め立て地で育った息子が畑で肩を並べて作業している2015年の春。 息子は高校の進路から親のアドバイスを何一つ受け入れず、すべて勝手に決めてきた。特に意味もなく東京から関西へ行き、行き着く先はNPOで働くわ農村に興味
『親子の物語』の画像

↑このページのトップヘ