移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

2017年06月

たまに、ふと1日空く日がある。今日も雨が止むか止まないかという中で、結局雨雲がぐずぐずしたまま茅葺きのお仕事が中止になった。これはかつて少年の頃、学級閉鎖で学校に行かなくていいと朝告げられた時の異様な興奮と似ている。この、急に全世界の誰よりも今俺は自由を得
『晴耕雨読できない』の画像

2017年7月1日より、ついに、本陣カフェchawanがオープン!2016年1月の初イベント、お掃除ワークショップから1年半、いよいよ多くの方に気軽に本陣跡を見ていただけるところまでたどり着きました。感慨深すぎる…。ぜひ1度、本陣カフェchawanに遊びに来てください!!茅葺きの
『『本陣カフェchawan』オープン!!』の画像

悲痛なことがテレビで繰り返し流されている。同じような年齢、同じような年齢の子どもがいる人間として、テレビを直視するのも苦しい気持ちになる。 ただ、もし彼女が病気でなければ、今後メディアがあの家族を取り上げていたであろうことは、夫の仕事のことか、その子ども
『大事なものは何?』の画像

久しぶりのただいま。よき仕事によき家族。 直近の課題は5キロの増量をどうするか。直近の課題は伸び散らかした田畑及び家回りの草たちをどうするか。 利害関係一致。
『半月空けた出張を終えて』の画像

ここ1週間、4月に続き新入社員研修のサポートの仕事をいただき、今度は宮城県へ。実に2~3年ぶりに石巻に訪れ、街や仮設住宅の様子を見ることができた。2012年、2013年頃に行っていたころには、地域によって復興に差が出ていると現地の方に教えてもらってもそんなに目視で明
『石巻での復興活動に久しぶりに関わらせていただき』の画像

↑このページのトップヘ