つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

2018年11月

春から4回に渡って行ってきた『里山親子じかん』の最終回。前回稲木干しをしたお米を脱穀するところからスタート。前日に雨が降ってしまったため、それより前に取り込みハウスの中へ避難したもの。しっかり乾きました~。足踏み脱穀機で脱穀。クセになる作業。脱穀した籾は唐
『里山親子じかん(収穫祭編)』の画像

今日夕飯を食べながら、小1の息子(こてつ)と会話。こてつは友達になんて言われたら嬉しいかという話題になって、「こてつ天才やな〜?」「こてつおもろいな〜?」「こてつかっこいいな〜?」「こてつやさしいな〜?」と色々挙げてみた。 彼が出した答えは、「『遊ぼう』
『自分のことなんて言われたら嬉しいか』の画像

なんとびっくり淡河お米甲子園2018で優勝!!つるまき農園きぬむすめは『おうごん米』を名乗れることに!    …スポーツで勝ったときとかは、これまでやってきたことが報われたような気分になるけれど、お米は特に職人技で肥料などを工夫して作ったものではないし、ただ
『淡河お米甲子園で優勝!』の画像

今日は湊川公園で「みのりの祭典」という祭りに参加。毎年地域で取れた新米を売りにいくのだが、米だけを売るというのは難しいため、今年は実験的にサツマイモの新商品を持っていった。 昨年も町内の老舗和菓子屋満月堂のりょうくんとサツマイモのお菓子を開発した。とぐろ
『新商品【ポテ焼き】登場!』の画像

来週末の農村イベント最終回に向け、備品の準備日。 先月頭に稲木干しをしたため、この分に関しては昔ながらの道具でお米にしていかないといけない。ちょうど9月頃、一緒に茅葺きの現場に入っている伊丹さんより、「唐箕が燃やされる!」という投稿があり、引き取ることに(
『足踏み脱穀機と唐箕の修理』の画像

今年も無事芋掘り遠足の受け入れが終了した。土の中にちゃんと芋が入っているか、段取りはちゃんとできているかなど、毎回毎回不安になりながら子どもたちが来るのを待つ。子どもたちが来た後も周りの土を少し掘ってあげるなど、バッタバタで一気に時間が過ぎる。 その場を
『芋掘り遠足のバトン』の画像

↑このページのトップヘ