つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

農村生活

今日は郵送やら買出しやらで移動が多かったので、ついでに年末に掃除した本や服を売りに。 ちょうど売った金額と中古のキャッチャーミットが同じような額だったので買う。 キャッチャーミットは小さい頃から欲しかったけど絶対に必要なものではなかったので35歳にしてつい
『小さいころから欲しかったもの』の画像

先週末から昨日くらいにかけて、久々に怒涛の脳みそ主導の日々だった。色んなことを知ること、アイデアを考えること聞くこと、そして人と意見を交わすという行為はとても幸せである。が、それに寄りすぎたり対話ばかりになると、ハイの状態のまま急にメンタルのバランスが悪
『身体を動かすことの価値』の画像

先日、茅葺きの親方の相良さんとメッセンジャーでやりとりしていて、ふとしたことから芸術やアートの話になった。自分は小さい頃から絵を書いたりするのが苦手で、また教科書に出てくる偉人の作品を見ても何一つ興味もわかないという、努力でどうにかなる感じが1mmもしなかっ
『芸術とかアートからほど遠い男が書いた話』の画像

※満席になりました!ご応募ありがとうございます。今年で6年目、毎年恒例のお味噌作りです。 余計なものを入れない安心味噌、そして何より抜群のおいしさです。ぜひこの機会に一緒に作りましょう~!※今年から二部制になりました! ■日程2020年2月9日(日)①第一部 10
『【募集】お味噌作りましょう』の画像

年末なので、何か書こうかと久しぶりにブログにログインしたところ、10月の頭以降まともな文章を書いていないことに気付いた。 例年10月に入ると芋や米の収穫や週末に何かしらイベントなどが入ってくるためブログは滞りがちになっていたが、今年は11月に入っても干し芋を週2
『2019年も終わる』の画像

10月に入り5年目となる個人事業主生活。この1年もなんとか切り抜ける(ありがとうございます)。 元々、手に職系の人間じゃない自分が農村で生きていけぬものかという実験を始めたのが2015年の10月から。その際に、「色んな人から少しずつ仕事をもらいつつ自分の事業も作る
『5年目を迎えた複業百姓生活』の画像

朝、つらい連絡が入る。「田んぼ、イノシシ来とるぞ!」なんだと!!!!あと10日で稲刈りだというのに…。イノシシにも山に食べるものがないというかわいそうな事情があり、怒りと同情が入り混じるなんとも複雑な気分だが、やはりせっかく半年かけて育ってきてくれたのにこ
『イノシシ田んぼに襲来!!』の画像

ブドウをつまみながら本陣跡の清掃日。 「今から父ちゃんは本陣にお掃除に行くけどどうする?」「行く!!!!」 すべての事象は個人で勝手に捉えて意味付けしてしまっているのだといつも子どもから学ぶ。 みんなでやれば何でも楽しい。子どもはそれをよく知っている。 
『本当に楽しそうにそこにいる』の画像

今日もファーマーズマーケットで定住相談会。 西区のコーディネーターであり、有機農家の大皿さんにはいつもお世話になっている。 今日も相談会の傍ら、大皿さんに有機農業における農家の心構えについて色々と教えてもらった…のではなく、スーパーファミコンの接触不良に
『スーファミを有機的に繋げる』の画像

息子の洸哲(こてつ)が8歳に。 「子どもは社会から預かっているものという気持ちで育てなさい。」と教えてもらい、仕事も私生活も未だに未熟なのだから親としてすぐ成熟するわけないと開き直り、足りない分は周りの色んな人に教えてもらって遊んでもらって日々生活している
『ついに継承された父の青春』の画像

↑このページのトップヘ