つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

農村生活

先日取材を受けた際に、大家さんが手書きでびっしりと書いて自分と記者さんに渡してくれたものを抜粋。そもそもの話、世代を越えて引き継いでいける昔の家というのは本当にすごいと思うと共に、色んな思いがあって今こうして大家さんが見ず知らずの人間に家を託してくれてい
『共通の財産』の画像

特に何か嫌なことがあったわけではないけれど、クーラーにあたることが多くなるからか、急に冷たくて甘いモノを摂取しすぎるからか、湿度が上がって身体にまとわりつくようになるからか、心身共にだめになるのがこの季節の恒例。もう毎年のことなので、「あー今年もきたなー
『身体を動かすということ』の画像

神戸市の広報誌6月号の表紙になりました。 神戸市内の駅などにも置いてあるみたいなので、もしよかったら手に取って見てみてください。家庭円満な感じですが、今朝もレゴを片付けたくないと激しいひと悶着がありました。そんなものです...。 色々な人の営みや活動の中で、
『神戸市広報誌の表紙になりました』の画像

今日明日は畑仕事をするために茅葺きの仕事も休み、気合いを入れていたのに見事に雨。領収書をひたすら打ち込むという苦行でしかない作業で一日が終わろうとしている。というわけで(どういうわけ?)、クリエイティブなものを身体が欲するので動画を紹介。【魅たくなる町淡
『淡河町がよく分かる動画2選』の画像

先日、自転車の補助輪をはずそうということで、特訓をすることにした。自分のおぼろげな記憶では、相当怖い思いをしながら何回も転んでやっと習得したような気がする。子どものバランス感覚がいいのか、最近の自転車の作りがいいのか(ほぼ後者)、結構あっけなく補助輪がは
『補助輪がなくなった話』の画像

最近自分の周りでよく聞く言葉に、「いなす」とか「折り合いをつける」というものがある。都市で生まれたようなデジタルな仕事をしていると、あまりポジティブな言葉ではないのかもしれない。九州で大きな地震があり、改めて防災や、起こった後にどういう技や力があればいい
『いなしながら生きる』の画像

先日の自給農のワークショップを受け、播く時期を固定せずにとりあえず少し耕して少しずつ播いてみようと思い、種をダイソーで購入し早速やってみる。 今まで使っていた畑は別で使ってみようと思うのと、狭い面積で少しずつという教えだったので、これまで草まみれだったと
『自給農を試してみた(その1)』の画像

先日ソーラーフードドライヤーを作ってもらったので、早速使ってみることにした。とりあえずは、干したまま雨にやられることもあるので、塗料を塗って雨に強くする。 乾いた後、あまり晴れ間がある日がなく、次の週にずれた。【3月28日】昼間に用事があったので、午前9時30
『ソーラーフードドライヤーを使ってみた』の画像

今日はお味噌作りでお世話になった友人に誘ってもらって、自給農法のワークショップに参加。自給農法とは、『自分が食べるということを考えの中心に据えたいつも畑に食べるものがいっぱいあるという八百屋のような畑作りを指す。』とのこと。(HPから引用)家で適当にやって
『自給農法を知る』の画像

去年の10月、初めて茅葺きの現場に行くときに、親方の相良さんに持ち物の確認をした。「地下足袋と、動きやすい服装があればいいよ。」との返信。地下足袋・・・。履いたことがない・・・。足袋というと真っ白なやつのイメージがあるが、あれを履いて現場で働いているのだろうか
『地下足袋の破壊力』の画像

↑このページのトップヘ