つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

農村生活

ニュースで関東の停電の話。 4時間くらいの停電でここまで生活に支障が出る状態って、どれだけ脆弱なんだろうと思う。「あちゃー停電か。じゃあBBQでもするか。」って感じで、せめて火くらいは電気やガスが止まっても屁でもない準備はしておきたいところ。 また停電でクー

細々とやってるだけだけど、毎日これくらい収穫があると色々なんとでもなるなと思えてくる。寝てるか仕事してるか畑いるかの毎日。
『例えお金がそれほどなくとも』の画像

平和とか平等というのは難しい。 今まさに引き抜いた小さな大根は、1つの優秀な苗を大きくするために成長過程にあるその生命を終えた。雑草などという人間の都合によってカテゴライズされた草に限っては、全滅させられる。 人間様だけが、何の争いもなく、みなが生命の危

雨が降った後は、ぐーんと伸びる。 楽しい晴れの日だけじゃ成長しないし、「耐え忍べ!修業だ!」って雨の日だけ続いても枯れてしまう。晴れも雨も必要で、そしてそれは交互にあるのがきっと一番いい。植物をぼーっと眺めていると色々教えてくれる気がする。 なるべく小さ
『発芽を見て思うこと』の画像

移住して1ヶ月、台所の床がどうもぎしぎしする・・・。というわけで、頼れる友人を呼んで床の張替えにチャレンジ。ホームセンターには床貼り用の木材が売っていて、なるべく何もしていないそのままっぽいものを購入。色を塗ったりツヤを出したり、なぜ余計なことをするのだろ
『GWは床貼りを』の画像

この間、ちょっくら30歳になった。たまたまだけど、30歳を迎え環境を変えた。とてもいい出会いがあり、素敵な家を貸してもらうことができた。スローライフでまったりという気持ちもないし、田舎に引っ込むという気持ちでもない。むしろ、田舎で暮らすということはハードコア
『30代は、また新たなスタートだ』の画像

↑このページのトップヘ