つるまき農園-Tsurumaki Community Farm-

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園-Tsurumaki Community Farm- イメージ画像

私の仕事

今年の春から準備を進めてきた(と言っても自分は畑と出張でほぼ何もできてないですが)、『神戸農村スタートアッププログラム』という起業塾の募集が始まっています。神戸農村スタートアッププログラム自分の話をすれば、2014年の秋から冬にかけて、栃木の那須で今も行われ
『【募集中】神戸農村スタートアッププログラム』の画像

企業と学生を長期のインターンで繋ぐプロジェクトから派生し、「地域(自分の故郷)で何かプロジェクトを作ることが学びに繋がるのではないか(しかも故郷での活動であれば簡単に逃亡したりしないのではないか爆)」という仮説から、昨年助成金を申請し、『Fighting Spirit f
『地域に立ち向かえ』の画像

今年も、住宅メーカーさんの新入社員による復興活動のお手伝いで、東北、熊本、広島と各地に行かせていただいた。現代版百姓の現代版出稼ぎといったところ…?普段ほとんど出張仕事がないので、外に出れるのは気分も新たに嬉しい。 約500名ほどの新入社員が、各回約40名ずつ
『復興活動とコミュニティ』の画像

サツマイモの植え付け終了。彼らが見せるマルチの上での衰弱の姿がいつも親心をハラハラさせる。植えた後1日経つとこんな感じです。さあ雨よ降れ。 今年は春先に有機農業塾でぼかしの作り方を教わったので、最後の500本はぼかしといつもの配合肥料で分けてみた。そんでもっ
『サツマイモも有機でやってみる』の画像

昨日は親子向け年間イベント「里山親子じかん」の田植え編! 田植えイベントは今年で4年目。年間イベントになって2年目。人数も毎年増。 今年も淡河最強の米農家北野さんからきぬむすめの苗を分けていただきました。 去年参加いただいた方の多くのご家庭がリピーターにな
『里山親子じかん2019(田植え編)』の画像

畑15日。石巻8日。熊本8日。 5月1日に畑をしていたのがいにしえに感じるような5月。土を触っているけれど、やはり昔から風気質であろう自分は、こういう生き方を引き込むようで。性に合う仕事を与えてもらえるありがたさよ。 石巻でずっとお世話になっているある人は、復興
『「私はずっとここにいる。」』の画像

「おにぎり2個と、お菓子1個な!」遠足前に、とても嬉しそうに話す娘。見えている世界や持っている情報がまだまだ少ない彼女は、おにぎり2個とお菓子1個でこんなに喜べる。かつてSNSで、「大学にある図書館の本が全て自分の知識になったとして、その状態は幸せなのだろうか。
『外で食べるおにぎり』の画像

今日は午前中に保育園に娘を送り届けた後、溜まった事務作業。印刷や押印が必要な書類は家しかできないのが不便すぎる。早く全てデータになってほしい。そしてある任意団体の口座がようやく作り終わる。結構面倒だったが、技を得たということでいい経験。 午後は一件打ち合
『畑の記録2019その10』の画像

出張の疲れに畑のダメージが追加されていっている状態。5月は踏ん張れ!8:30〜12:00・マルチ2列・苗の穴開け8列昼は家でおにぎりタイム。食べる場所を数m外にずらすだけで楽しい時間。人間の感情は面白い。その後少し休んだあと、1時間ほどで家の前のマルチ張り3列と穴開け。
『畑の記録2019⑨』の画像

東北出張から帰ってきて、即畑に戻る。 今日は、9:00〜13:00・3列分の真ん中空け・3列分の肥料まき・マルチ一列弱張り・マルチ買い出し・有機農業塾の借りてる畑の草引き・息子とハンバーガー。うめえ。13:00〜15:30・マルチ2列ちょい・家に戻りくたばる16:30〜19:00・火事
『畑の記録2019⑧』の画像

↑このページのトップヘ