移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

私の仕事

今日の午前中は、「島&都市デュアル」という移住プロモーションの会議で、いつものように長田に集合。移住という枠組みを越えて、何か新しいこと面白いことができないかというアイデアの応酬。仕事とそれ以外の境界線がグレーすぎる人々の集まり。こういう人たちの中にいる
『職業選択の向こう側』の画像

今日はKOBEインターンでインターンをしている藤田さんの最後の舞台。 自分の地元である兵庫県多可町八千代区の女の子たちに、女の子が主役になれるスポーツ教室を開講。4人の子どもたちと、3人の仲間が揃いました。半日スポーツを楽しんで、最後は大学生の先輩から今がんば
『生まれ故郷を思う気持ち』の画像

今週は、夏から茅葺きの現場でインターンをしている学生の最後の大仕事として、茅葺きを身近に感じてもらうためのワークショップが週末にあったため、その企画準備のフォローをしていました。茅葺きのワークショップ自体は普段から色んな場所でやっているため、インターン生
『動かないと、分からない。』の画像

昨日は、KOBE Intern Projectの受入先企業の『淡河かやぶき屋根保存会くさかんむり』による稲わらを使ったワークショップ。※鶴巻的にはインターンの仕事のインターン受入先企業としても、そして自分も週2日現場に働きに行っていることでもお世話になりまくりの場所です。 
『なぜ半年間も大学生インターンを受け入れるのか』の画像

今日は神戸市・芦屋市・洲本市・淡路市の4市による合同での移住プロモーション『島&都市デュエル』の神戸市メンバーの集いに参加。神戸の各地で強烈な個性を出しながら地域で活動している猛者たちとの新しい出会いに興奮。子ども、赤ちゃん、子育て、高齢者、介護、デザイン
『神戸の各地域を盛り上げる猛者たちとの出会い』の画像

今日は夏から各企業で半年間のインターンに取り組んでいる学生たちの中間研修の2回目。もう4ヶ月目に入るので、受入先企業で常に何かしらの刺激があるわけでもなく、でも自分で何かプロジェクトを進めていかないといけない時期だけどうまく進まず…というような状態。 「僕
『飛び込んで、もがいて』の画像

今日はKOBEインターンセンターに、イラストレーターの山内庸資さんをお招きし、大学生に向かってキャリアの話をしてもらった。その後のアフター的な感じで、山内さんコーディネートによる『裏輪飲み』を開始!裏輪飲みとは、街全体を呑み屋と見立てて、その場所場所でゲリラ
『阪急六甲にて『裏輪呑み』決行!』の画像

本陣跡で、カフェの営業の傍らプチ収穫祭。つるまきサツマイモ農園からも、焼き芋と干し芋を引っ提げて。(なかなか素敵な佇まいになりました。)(皮付きのままではあるが、実験的に干し芋の販売。あっという間に売り切れる。かなりのポテンシャルを感じた。)(おなじみの
『プチ収穫祭@本陣跡』の画像

今年は妻の実家のサツマイモ観光農園を一部引き継いで、保育園や幼稚園の受け入れをして先日何とか無事終了した。自分は20代の中盤に差し掛かる頃、農業というものにとても興味が湧いた。当時、将来の目標というものがあまり見えず、ロールモデルがどこなのか迷っていた時期
『農業に憧れたある男の話』の画像

今年の夏からご縁をいただき、避難所の運営に関する研修の仕事をさせていただく。今回は静岡の掛川で1泊2日のロールプレイ研修。避難訓練の多くが避難所に入るまでで終わってしまうけれど、その先のことはあまり知ることはない。 東日本大震災の際、1週間後に現地に行って避
『避難所の運営を学ぶ』の画像

↑このページのトップヘ