移住者は農村で飯が食えるのか

農村地域に移住した30代家族持ちによる農村生活の記録と雑感

移住者は農村で飯が食えるのか イメージ画像

私の仕事

今年は妻の実家のサツマイモ観光農園を一部引き継いで、保育園や幼稚園の受け入れをして先日何とか無事終了した。自分は20代の中盤に差し掛かる頃、農業というものにとても興味が湧いた。当時、将来の目標というものがあまり見えず、ロールモデルがどこなのか迷っていた時期
『農業に憧れたある男の話』の画像

今年の夏からご縁をいただき、避難所の運営に関する研修の仕事をさせていただく。今回は静岡の掛川で1泊2日のロールプレイ研修。避難訓練の多くが避難所に入るまでで終わってしまうけれど、その先のことはあまり知ることはない。 東日本大震災の際、1週間後に現地に行って避
『避難所の運営を学ぶ』の画像

神戸市、芦屋市、淡路市、洲本市の4市で、島と都市の両方を楽しめる暮らしを発信する移住促進プロジェクト「島&都市デュアル」の暮らしナビゲーターというものをさせていただくことになりました。市民主導で、体験型のイベントや情報発信をしていくというものです。ナビゲー
『『島&都市デュアル』暮らしナビゲーター就任』の画像

振り返ってシリーズその2。個人的には、人を雇って仕事を作り出している方々は本当にすごいと思っている。独立してなおさら、自分一人で自分一人分の稼ぎをかき集めている方が誰にも迷惑かけないし、気楽だと思ってしまう。その思考の延長には、事務所などもわざわざ借りな
『身体は一つという事実(2年目の振り返りその②)』の画像

あっという間に飯が食えるのか2年目生活が終わってしまいました。ブログのタイトルをほぼ無視した内容だらけの当ブログで、年に1回のみ公開される食えるのかに対するアンサー記事です。Q、おい、移住者は農村で飯が食えたのか?A、ええ、2年目もなんとかなりました。鶴巻に仕
『移住者は農村で飯が食えたのか(2年目の振り返りその①)』の画像

『つるまきサツマイモ農園』を今年は年9月30日(土)よりオープンします!『つるまきサツマイモ農園』2017年6つのニュース(その1)今年は5種類の芋を植えたでな!昨年は「安納芋」「紅はるか」の2種類を楽しんでいただきましたが、今年はさらに3種類を育てました!多品
『つるまきサツマイモ農園2017』の画像

今日は西宮で親子カフェをされているYORICAFEさんとの共催企画。お盆に設定したのはやはり完全に戦略ミス(そこしか土日空いてなかった…)であったけれど、久しぶりの面々にも会えゆっくりとした時間を。(午前中は、5月に手植えした田んぼの草引き。出穂しています。)(草
『濃縮還元、夏(本陣跡万歳)』の画像

今日から元町にあるお菓子の材料屋さんで、大学生インターンが半年間入り、併設するお菓子工房の稼働率アップに向けたプロジェクトが始まります。 受け入れてくださった大阪屋商事の中村社長は、KOBEインターンセンターを立ち上げたばかりで何も実績もなかった自分たちの営
『やっと少しだけ恩返し』の画像

今日は、神戸市「人と自然の共生ゾーン条例」施行20周年の記念行事、『神戸「新・里づくり」フォーラム』というものに、農村移住定住者という一人だけ謎の肩書でパネルディスカッションに登壇。この20年の神戸の農村地域の里づくりの歴史は、こんな感じのようです。(1995~
『神戸の里づくりの歴史とこれから』の画像

今回は久しぶりに茅葺きのお仕事のことを。週に2回ほど、茅葺き屋根を葺き替える現場で働かせてもらっています。 今の現場は、葺き替え(すべての茅を剥がし、新しい茅で屋根を作る)ではなく、半分くらい寿命のきた屋根を1回修復するような作業をしています。 僕は職人で
『先人の知恵と植物の強さ』の画像

↑このページのトップヘ