つるまき農園の雑記

言葉を蒔き蔓を巻きウダをまく園長鶴巻の雑記

つるまき農園の雑記 イメージ画像

子育て

春から4回に渡って行ってきた『里山親子じかん』の最終回。前回稲木干しをしたお米を脱穀するところからスタート。前日に雨が降ってしまったため、それより前に取り込みハウスの中へ避難したもの。しっかり乾きました~。足踏み脱穀機で脱穀。クセになる作業。脱穀した籾は唐
『里山親子じかん(収穫祭編)』の画像

今日はかなり久しぶりに子どもたちとお出かけ。その帰りに本陣跡に設置している無人駄菓子屋の仕入れに。(駄菓子に囲まれる。浦安のランドより夢あるだろ?息子よ。)「なんでお菓子買うん?あれどっかでもらってるんじゃないの?」「違うわ!こういうお店で1個8円で買って1
『自分のために買うのも楽しいけど、売るために買うのもまた楽しい』の画像

今日は、石巻での出張が終わり、仙台で働いていた頃の恩師と帰る前に食事。先生という職業には就いたことがないが、ずっと教育の分野で働いてきた。それは自分の子育てでも大いに活かされている。人の成長には個体差がある。平均と必要以上に比較する必要はない。子どもが楽
『仙台にいる恩師との時間』の画像

幼稚園の受け入れを行ったあと、午後はひたすら畑作業。日本人のイケメンとドイツ人のイケメンを召喚。雑誌の表紙を飾れるんじゃないか的な絵面になる。(母性本能をくすぐる感。)(走れメロス感。)(オフショット。)(農業科出身のイケメンはさすがの手腕。)(ここは日
『イケメンたちの畑』の画像

昨年度、つるまき農園の新規事業として、ススキを卸す「茅事業部」が発足し、5歳の息子が事業本部長に就任。昨年の売り上げは500円。今年度も年明けに鎌を片手に颯爽と業務開始。年々少しずつ勢力を増してる感のススキ。半分くらい刈った後に業務放棄し、そのまま1ヶ月半経過
『つるまき農園茅事業部2018』の画像

↑このページのトップヘ